« オンとオフ | トップページ | すぐに修正! »

2017年10月 9日 (月)

川の流れを感じて

 先日のお稽古は、音もよく出てうまくいきました。ただ、いくつか指摘されたことがあります。一つめは、スリで音のバランスの悪い所があること。二つめは、歌口と唇の関係をもっと自由にフワフワすること。三つめは、音の最後の処理を丁寧にすること。
 他に、曲の雰囲気をつかむには、という話になりました。例えでいうと、曲は川の流れ、と考え、演奏者はライフジャケットを着てカヌーに乗り、川下りをしているとイメージします。川の流れに逆らわずバランスを取りながら、川を下っていきます。
 激しい流れもあれば、穏やかな流れもありますが、自分で川の流れをコントロールすることはできません。つまり、自分のイメージで曲を作ることはできないということです。転覆しないように、少し先の流れを予測して、ひたすらバランスを取ることが演奏です。
 流れがある程度予測できれば、一瞬にバランスを取ることができて、川をスムーズに下っていけます。これが、自由に演奏している雰囲気ではないか、と考えるのです。

« オンとオフ | トップページ | すぐに修正! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/65892949

この記事へのトラックバック一覧です: 川の流れを感じて:

« オンとオフ | トップページ | すぐに修正! »