« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月25日 (日)

線と点

 先日のお稽古で、線と点の大切さを教えてもらいました。線とは、尺八の歌口と唇の関係です。歌口のどこに唇を置くかを、はっきり線として意識するように言われました。具体的には、よく響く場所を何ミリの場所にあるかを自分で決めるのです。この場所は、使用する尺八によって違ってきます。
 線が決まれば次は点です。各音をそれぞれについて、ある点をを意識して息を入れるかを確認します。そして、一つ一つの音を出す時に、その点を強く意識して吹くのです。これが完璧にできると、どの音を出すときも100%完璧な音がでるはずです。お稽古の時、線と点を意識することにより、格段に音がで出るようになりました。
 これからは、何となく練習するのではなく、点と線をしっかり意識して練習したいです。

2018年3月 4日 (日)

アンテナの感度を上げる

 先日のお稽古では「口ずさむ」練習の成果が出て、曲の流れはかなり改善されました。まだ不十分な所があるので、気をつけたいです。
 曲の流れは良くなってきたのですが、メリカリの微調整が不十分と指摘されました。これを改善するには、メリカリの感覚のアンテナの感度を上げることが必要だ、ということです。これは、演奏の時に音をしっかり聞くしか方法はないと思います。特に、ハの音が高くなる傾向があるので気をつけたいです。
 他に注意されたことは、音楽性を追求する練習と、演奏技術の練習は別々にするように言われました。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

  • P1010712