« テンションを落とさない | トップページ | 見た目を大切に »

2019年2月11日 (月)

実例で説明

 先日のお稽古で、どうすればレッスンで指導がうまく伝わるか、という話になりました。そこで言われたことは、実際に演奏してこの音はこのように出ていますよ、と一音一音説明する、という方法です。今までは、フレーズを歌ってみてイメージをつかんでから演奏する方法でした。より具体的で丁寧な方法だと思いました。
 私の当面の課題は、構え、脱力・余韻です。構えは、曲の最初、ブレスする時、息が苦しくなった時、気をつけたいです。脱力は、メリ音の時にまだ不十分です。余韻は、できる音もあるのですが、でない音を重点的に練習したいです。

« テンションを落とさない | トップページ | 見た目を大切に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実例で説明:

« テンションを落とさない | トップページ | 見た目を大切に »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

  • P1010712