« 正しい目標、方向性 | トップページ | 曲が命じるままに演奏 »

2019年6月15日 (土)

修正は微調整で

 先日のお稽古で、音がよく鳴らない時の修正は、微調整でよい、という話がありました。つまり、音が鳴らない時に動かす場合、動かしすぎないということです。ほんの少し動かして調整するのです。よく響くポイントを探すのは、解像度を上げていくイメージだと言われました。ぼやっとしている音がよりクリアーになっていくのです。この微調整を常に、瞬時にやり続けていくのです。
 音の響きについては、以前より随分良くなってきました。ただ、曲の中で、全ての音が良く響いているわけではありません。一つ一つの音について、丁寧に響きを点検して、すっと響かない音を響くようにしていきたいです。

« 正しい目標、方向性 | トップページ | 曲が命じるままに演奏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正しい目標、方向性 | トップページ | 曲が命じるままに演奏 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

  • P1010712