« 自由になる | トップページ | ゆったり感と変化 »

2019年7月 8日 (月)

音楽をする以前に

 先日のお稽古で、音楽をする以前にしておくことについて話がありました。それは、楽器を自由に使える状態にしておく、ということです。つまり、楽器のテクニックを習得するための練習と、音楽をつくっていく練習は別々にする必要があるということになります。従って、曲の練習をしていて、上手くいかない場合、曲からいったん離れて、楽器のテクニックを練習してから、曲の練習をするのです。
 テクニックの練習では、練習要素をバラバラにして、ひとつずつ丁寧に徹底的に練習する必要があります。この練習をできる限り緻密にやりきることがとても重要です。具体的には、指使いがすっと動くようになること、響いた音がすっと出せるようになること、音の最後まで息を自由にコントロールできること、などです。
 音楽を楽しむためには、当たり前のことですが、基本練習の徹底しかない、ということを改めて感じました。今日からの練習に生かしていきたいと思います。

« 自由になる | トップページ | ゆったり感と変化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由になる | トップページ | ゆったり感と変化 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

  • P1010712