« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月22日 (月)

音楽を楽しむ

 先日のお稽古で、音楽を楽しむってどういうことが、という話がありました。以前に、曲という放送局から出てくる電波を受信して、演奏するイメージという話を聞きました。自分で曲を解釈して演奏するのではないのです。今日のお話は、電波を受信している時に、自分の想いを乗せることが音楽を楽しむことだ、と言われました。
 心身ともにリラックスして、余計なことを考えず、余計な力も加えず、ただ無心に音楽を楽しむのです。曲のメロディーに乗っかり、宇宙からエネルギーをもらえば、音楽を楽しめるのです。音楽の目的は、人間がハッピーになることだと思うのですが、そこに至る道すじが少し見えてきたように思いました。
 今まで尺八をやってきて良かった、思うと同時に、さらに練習して音楽を楽しみたい、と思いました。

2020年6月21日 (日)

脱力

 先日のお稽古での重要ポイントは「脱力」です。今まで脱力するように言われていましたが、脱力が足らなかったことを思い知りました。脱力すると、音が鳴らないと考えていたのが、脱力しなかった原因です。しかし、脱力しすぎても音が鳴らない心配はない、と実感しました。そして、脱力した方が、明らかに良い音色がでることも分かりました。
 ただ、脱力するだけでは音のパワーが不足するので、それを補うために「共振点」にピタッとはめるように言われました。音を出す時は「共振点」にはまっていなくてもよくて、音を出した後、瞬時に「共振点」にはめるのです。一つ一つの音に対してこれができるように練習すれば、曲の演奏で使えます。繰り返し、練習していきたいです。
 さらに、パワーアップするために宇宙から「パワーをもらう」イメージを持ちなさいと言われました。このことは、何度も言われていることですが、難しいです。難しいですが、何とかものにしたいです。
 

2020年6月 6日 (土)

ニュートラルの状態で

 久しぶりにお稽古に行きました。従来の対面でのお稽古でなかったので、少し戸惑いました。今回のお稽古でのポイントは「すべて音をニュートラルの状態」で演奏するです。
 以前にも言われたことはありますが、今回はよりレベルの高い演奏に大切な要素だと感じました。ニュートラルでないのは、無理に鳴らそうと力が入った状態、ストレスがかかって解放されていない状態、自由で気持ち良く吹けていない状態、などです。特に指摘された音は、乙のレとウのメリです。気をつけて練習したいです。
 他に指摘されたことは、曲の中で音を十分のばさないで短くなる所があることです。あわてず、じっくり演奏したいです。
 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

  • P1010712