« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月19日 (日)

バランスを意識

 先日のお稽古で言われたことは、バランスを取ることをもっと意識することです。フレーズごとにそれぞれ音のバランスがあります。例えば犬を絵を描く時、犬には犬のバランスあって、何度も描いているとだんだん実物の犬に近づいていくという話がありました。フレーズも同じなのです。バランスが取れたら、バランスが取れたフレーズをつなげばいいのです。そして、1つ1つのフレーズをきちんとやれば、自然にすばらしい音楽になるのです。すばらしい音楽を演奏しようと思わなくてもいいのです。
 技術的なことで言われたことは、一つ一つの音の共振点のレベルアップです。甲のレはよく響いていると言われました。一つ一つの音について、無理に鳴らそうとしないで共振状態を上げる練習していきたいです。そして、共振点のレベルアップができれば、次の目標は温度をあげる、つまりパアーアップです。

2020年7月 5日 (日)

楽な状態で

 先日のお稽古で言われたこと、演奏中はできる限り楽な状態を保ちつつ、周りから無限大のエネルギーをもらって温度を上げることをです。大きな音を無理に出そうとすると、どうしても力が入ってしまいます。力が入らないように、楽な状態で構えて息をコントロールして入れるのです。そうして、息が共振点にはまるとすごい音が出るのです。ポイントは「楽な状態」「エネルギーをもらう」「共振点にはまる」です。
 次に言われたことは、次元を上げることです。これは、バランスの精度を0.1から0.01へ、0.001へと上げていくことです。これを意識することによって、より質の高いものすごい音がでるようになるのです。そのための練習は、得意な音と苦手な音だけを徹底して練習すると効果があるようです。
 さらに、練習方法として、通しの練習ではなく、不十分な部分を徹底的に繰り返す練習をするように言われました。特に言われたことは、ロの大メリ、ルの練習です。曲に出てくる一つ一つの音を、丁寧に練習していきたいです。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

  • P1010712