« 音楽を楽しむ | トップページ | バランスを意識 »

2020年7月 5日 (日)

楽な状態で

 先日のお稽古で言われたこと、演奏中はできる限り楽な状態を保ちつつ、周りから無限大のエネルギーをもらって温度を上げることをです。大きな音を無理に出そうとすると、どうしても力が入ってしまいます。力が入らないように、楽な状態で構えて息をコントロールして入れるのです。そうして、息が共振点にはまるとすごい音が出るのです。ポイントは「楽な状態」「エネルギーをもらう」「共振点にはまる」です。
 次に言われたことは、次元を上げることです。これは、バランスの精度を0.1から0.01へ、0.001へと上げていくことです。これを意識することによって、より質の高いものすごい音がでるようになるのです。そのための練習は、得意な音と苦手な音だけを徹底して練習すると効果があるようです。
 さらに、練習方法として、通しの練習ではなく、不十分な部分を徹底的に繰り返す練習をするように言われました。特に言われたことは、ロの大メリ、ルの練習です。曲に出てくる一つ一つの音を、丁寧に練習していきたいです。

« 音楽を楽しむ | トップページ | バランスを意識 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽を楽しむ | トップページ | バランスを意識 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

  • P1010712