2018年5月16日 (水)

フワフワ感を

 先日のお稽古で、尺八の歌口に唇をつけるとき、じっと押しつけないで常にフワフワした感じにしておくように言われました。これは、音を次々と変えていくときに、素早く反応するために必要だからです。これができれば、自由自在にどんな音もすぐに出すことができます。
 さらに、音を出す時は最初から完璧に響かせ、音の最後はすーっと自然に消えていくことをもっと意識するように言われました。
 また、カムリの奏法は、指を打ってから少し間を取り、メリは短く鋭く演奏するように言われました。今後、気をつけていきたいです。

2018年5月15日 (火)

ワインボトルにコルクを押し込む

 先日のお稽古で、音の響きを完璧にするのは、ワインボトルにコルクをぴったり押し込むようなイメージで、という話がありました。コルクがワインボトルの口にのっているだけではダメなのです。ぐっと押し込むことが大切なのです。あるポイントで音が響きだしたとき、さらに意識を集中して爆発的に響くポイントを探すのです。
 このように意識することにより、とてつもなくエネルギーにあふれた音が鳴り響くのです。実際にこのことを意識することにより、音の出だしから一段と音の響きがよくなったように思います。ちょっとしたことですが、気をつけて演奏したいです。

2018年5月14日 (月)

いい感じに聞こえるか

 先日のお稽古で、練習しているときに、その曲がいい感じに聞こえるか、よく聞いて練習するように言われました。もし、いい感じに聞こえたら、文句なしにいい演奏だといえるのです。いい感じに聞こえるためには、音が束縛せれず自由な流れがあり、花びらがヒラヒラと散るような開放感がないとダメだと言われました。
 演奏中、音を響かすことや、間違えずに演奏することにどうしても意識がいってしまいがちです。そんなことをあまり意識しないでもできるように練習することが必要かな、と思いました。

2018年5月13日 (日)

クリームにチョコチップ

 先日のお稽古で、曲作りは例えば、クリームにチョコチップをのせていくような感じだ、という話がありました。クリームは曲の流れや雰囲気、ハーモニーの響き、リズム感などのことで、チョコチップは一つ一つの音の例えです。まず、クリームをうまくぬっていないと、チョコチップがうまくおけないのです。
 演奏では、どうしてもチョコチップ、つまり一つ一つの音ばかりに気をとられしまいます。しかし、チョコチップをのせるクリームをうまくぬることが大切なのです。そのためにどうすればよいかというと、楽譜の見ないて、楽譜から離れて演奏するとよいと教えてもらいました。
 1つのフレーズごとでいいので、まず、クリームをうまくぬることを意識して、演奏するという練習をしていきたいです。

2018年5月 4日 (金)

職人技をイメージ

 先日のお稽古で、職人技をイメージして練習してください、という話がありました。例えば、ベテランの大工さんが鉋(かんな)で木を削る時に、寸分の違いなく目的の寸法に削る技です。ベテランになるほど、目的の寸法に対する精度が、0.1ミリ、0.01ミリ、0.001ミリと、限りなく近づくのです。そして、感覚的にピタッとその寸法にはめることができ、全く甘さがない、そんな感じの職人技です。
 尺八の演奏にも、そんな職人技が求められるというのです。どこまでできるかはわかりませんが、常に一歩前進を心がけ、完璧を目指して練習する姿勢を大切にしていきたいです。

2018年5月 3日 (木)

解放された音を

 先日のお稽古で、もっと解放された音をイメージするように言われました。例えば、花びらがヒラヒラと自由に舞い散るイメージです。音がまるで花びらのように、ヒラヒラと自由に出てくるのです。そのために、例えば、曲の一部を声をだして、自由に歌ってみるといいと教えてもらいました。そして、音程を少し上げたり、下げたりということを考えては、自由な印象を与えることはできないので、やらないように言われました。
 音の響きは良くなってきたのですが、曲の流れでまだまだぎこちない所があるので、花びらをイメージして練習していきたいです。

2018年5月 2日 (水)

能動的な感覚を!

 先日のお稽古で、よく響くポイントに合わせていく、能動的な感覚を維持することが大切だと言われました。詳しく説明すると、よく鳴り響く音を出そうとするときに、響くポイントにピタッとはまらず、ポイントから少し外れたり、ポイントにはまらず浮いた状態の時に、ポイントにはめてやろうという強い気持ちを持つことです。
 この感覚を維持していくが、曲全体の響きをよくすることにつながると思います。今後の練習で意識していきたいです。

2018年5月 1日 (火)

メリカリしない

 先日のお稽古で、できる限りメリカリしないで演奏するように言われました。その理由は、メリカリするとどうしてもよく鳴り響くポイントから外れてしまうからです。よく鳴り響くポイントを座標軸でイメージすればよいということを最近よく言われます。楽器によって、座標軸は異なるのですが、これを意識して演奏すると、安定して音が鳴り響くようになりました。従って、できる限り同じ座標軸で演奏することが大切になります。
 そこで、同じ座標軸でずっと演奏するには、メリカリしない方がよいのです。ただ、今までずっとメリカリして演奏する習慣があるので、いきなりは難しいと思いますが、まずゆっくり意識しながらメリカリしない演奏を練習していきたいです。

2018年4月30日 (月)

解像度を上げる

 先日のお稽古で、解像度を上げるという話がありました。解像度を上げるというのは、音が良く響く場所を見つけたら、同じ所でより響くように工夫する、ということのたとえです。このあたりで響くというポイントが見つかれば、そこから動いてはいけないのです。例えで、響くポイントが氷で覆われていて、ポイントにうまくはまらず滑るので、その氷を削る必要がある、と説明してもらいました。
 この話をイメージして演奏したところ、甲のレの音がいままでより一段とよく鳴り響くようになり、びっくりしました。他の音もさらに鳴り響くように練習していきたいです。

2018年4月15日 (日)

何もしない

 先日のお稽古でのお話の中で、できたらいいなあと思うことは、曲からエネルギーをもらって演奏できるようになることです。そのために必要な意識は、何もしない、不安がない、欲張らない、無理しない、心配しない、頑張らない、流れに身をまかす、難しく考えない、不安がない、などです。これらの意識で演奏すれば曲からエネルギーがもらえそうな気がします。
 演奏中に、これらの意識がないかを集中してチェックして、力を入れすぎず音を出す瞬間の条件を整えたら、きっと理想の演奏に近づいていくと思います。そのためには、日常生活の中で、これらの意識をなくしていくことも必要かな、と感じました。



















より以前の記事一覧

その他のカテゴリー